2007年01月20日

反省鬼ーロト6第326回

2007年3度目のロト6抽せん回となった第326回は
30番台不出の準ミニロト化とも言える
01-07-09-14-23-43(B19)という結果であった。

信じた削除数字がド外れてしまい、
当せんならずであったのは毎度のこととして、
復習などをしていたのだが・・・

ふと思い出して検証してみたセンターゾーン予想法(短期法)でも
予想の核となるセンターゾーンには「ボーナス19と23」のみ。
残る「01・07・09・14・43」の本数字5個は
オーバーゾーンあるいはアンダーゾーンに位置していた。

ちなみにセンターゾーンだけで候補は21個。
さらにオーバーとアンダーからまで数字を取り入れるとなると
候補数字もゆうに30個を越してしまい、
現実的な購入組み合わせではなくなってしまう。

今回、この予想法から当せん数字をチョイスするには
全く持って厳しい状況であったと言えよう。

のちほど、中期法でも見てみることにしよう。

▼▼▼追記1▼▼▼
その後・・・
サブ的に活用しているチャートを見ていたら

326回の14~23の長間隔飛び、
30番不出現象を
まるで予告していたかのような
15~22、33~42までの見事な空洞化(ブラックボックス化)を発見!!!



※下2段目(ベージュのマス)が326回の当せん数字
※白円内が空洞部分

ああっ・・・と思いましたね。

この予兆を素直に信じれば良かったなぁ~
分析ツールは毎回すべて目を通さないとなぁ~
俺ってアホやなぁ~

と、、、、“タラレバ反省”に浸っております(笑)


※手持ちの各分析表の中には、
毎回高確率で3等以上を予告する情報があるのですが
いかんせん、どの表を用いたら正解なのかが分かりません(爆)
うーむ、今後の大きな課題ですね。。。


▼▼▼追記2▼▼▼
センターゾーン中期法では、
センター候補20個中、本数字3個が該当。
イマイチですな。。。


ロト・ナンバーズ凄腕予想は【人気blogランキング】で!
当たるロト予想は、この【ランキング】で!
連勝予想サイトなら、ココ!【ブログランキングサイト】!
価格比較はベストプライス
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック